ニュース

『非接触ICカード手づくり実験』ワークショップ

2010-11-16 17:01

12月12日(日)、ソニーが開発した非接触ICカード"FeliCa(フェリカ)" ※1のしくみを楽しく学ぶ 『非接触ICカード手づくり実験 ~電磁誘導と近距離通信のしくみ~』ワークショップを開催します。

お金を持ち歩かなくてもかざすだけで買い物ができ、改札やドアの開閉にも利用されているスイカなど、非接触ICカードの多くには、ソニーが開発した"FeliCa(フェリカ)"※1技術が活用されています。その小さなカードには、電磁誘導や符号化、認証、通信などの科学原理を応用した最先端技術が詰まっています。
自分だけのオリジナルカード"マイフェリカカード"をつくり、科学の原理をどのように応用したのか実験を通して学ぶことができます。

※1 "FeliCa"はソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式であり、ソニー株式会社の登録商標です。

期間 2010年12月12日(日)
13:00~15:00
対象 小学4~6年生の児童とその保護者
定員 24組48名
参加料 無料(別途入場料が必要です)
応募締め切り 2010年12月2日(木)
※応募者多数の場合は抽選となります。
発表 厳選な抽選の上、当選者のみに12月7日(火)までに参加証をご郵送いたします。

募集は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


分解ワークショップ

2010-11-01 13:26

恒例の人気のワークショップ、ソニーのエンジニアによる"分解ワークショップ"を開催します。ふだん何気なく使っているテレビやパソコンなどの電気製品を、自分の手で分解して部品にもどすことで、外側からではわからない機器の仕組みや工具の使い方を学び、モノに対する理解と愛着を深めてもらうためのワークショップです。製品をつくったソニーのエンジニアが、皆さんをお手伝いしてくれます。
必ず親子(保護者可)2人1組でお申し込みください。

期間 2010年11月27日(土)・28日(日)
13:00~17:00
対象 小学3~6年生の児童とその保護者
定員 各日24組48名
参加料 無料(別途入場料が必要です)
応募締め切り 2010年11月16日(火)
※応募者多数の場合は抽選となります。
発表 厳選な抽選の上、当選者のみに11月24日までに参加証をご郵送いたします。

募集は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


生物多様性の大切さを描いた大型映像「いきものがたり」を上映!

2010-10-11 16:50

2010年は国連が定めた国際生物多様性年であり、10月18日から名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催されます。COP10 にタイミングを合わせて、非営利団体「Think the Earth プロジェクト」が制作し、ソニーが協賛する大型映像作品「いきものがたり」の特別上映を、サイエンスシアターにて実施します。
「いきものがたり」は、宇宙空間から見た地球や恐竜の世界など、38億年の生物多様性の歴史を、大型映像専用作品として高解像度・高臨場感の映像表現にこだわり制作した、子どもから大人まで自然と共生することの大切さに気づく作品です。

上映会場 「ソニー・エクスプローラサイエンス」サイエンスシアター
上映日程 2010年10月18日(月)~2010年10月31日(日)期間の毎日
「みずものがたり」 17:00~17:25
「いきものがたり」 17:25~18:00
※本編はドーム映像ですが、フルハイビジョンスクエア版での上映となります。

ikimonogatari_20101014.jpg mizumonogatari_20101014.jpg


企画展「3D Beyond the Edgee」ムービー

2010-10-01 18:44

企画展「3D Beyond the Edge」の動画を公開しました。どんなものが体験できるか一目でわかります!

企画展は終了いたしました。
たくさんのご来場ありがとうございました。


おもしろ 算数実験ワークショップ
~微分(びぶん)積分(せきぶん)編 顔の大きさって、どうやって測るの?~

2010-09-17 20:39

2010年10月16日(土)・17日(日)の2日間、ソニーコンピュータサイエンス研究所の中村知道研究員を講師にお招きして、小学4~6年生とその保護者を対象に、実験を通して算数・数学を楽しく学ぶ「おもしろ 算数実験ワークショップ ~微分積分編~」を開催します。
微分積分と聞くと、高校や大学で習うとても難しい数学の分野というイメージがありますが、その基本となる考え方は決して難しいものではありません。身近なものを使って実験することで、小学生のお子様でも直感的に楽しく、微分積分の考え方が学べるワークショップとなっています。

期間 2010年10月16日(土)・17日(日)
13:00~16:00 (約3時間)
対象 小学4~6年生の児童とその保護者
定員 各日24組48名
参加料 無料(別途入場料が必要です)
応募締め切り 2010年10月3日(日)
※応募者多数の場合は抽選となります。
発表 厳選な抽選の上、当選者のみに10月12日までに参加証をご郵送いたします。

募集は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


企画展「3D Beyond the Edge ~最新の3Dを体験しよう~」
9月11日から開催中!

2010-09-10 17:17

9月11日(土)~2011年1月11日(火)まで、新企画展「3D Beyond the Edge ~最新の3Dを体験しよう~」を開催しています。
今年は"3D元年"といわれるほど、家庭用テレビの発売や映画・ゲームソフトの発表など3D映像が話題となっており、その技術革新も飛躍的に進んでいます。本企画展では、立体視の基礎的な原理からゲームや製品に応用されているソニーの最新3D技術を一同にご紹介し、3D技術への理解を促すとともに立体映像がもたらす未来への夢を感じることができる内容となっています。

タイトル 3D Beyond the Edge ~最新の3Dを体験しよう~
実施期間 2010年9月11日(土)~ 2011年1月11日(火)予定

企画展は終了いたしました。
たくさんのご来場ありがとうございました。


新企画展「3D Beyond the Edge」9/11(土)より開催予定

2010-09-01 17:23

9月11日(土)より、新企画展「3D Beyond the Edge ~最新の3Dを体験しよう~」を開催します。
今年は"3D元年"といわれるほど、家庭用テレビの発売や映画・ゲームソフトの発表など3D映像が話題となっており、その技術革新も飛躍的に進んでいます。
ソニー・エクスプローラサイエンスでは、立体視の基礎的な原理から、ゲームや製品に応用されているソニーの最新3D技術を一同にご紹介する企画展を開催予定です。

その企画展開催に先立ち、期間限定で"RayModeler (360°立体ディスプレイ)"(技術参考出品)を展示します。

展示期間 9月7日(火)~9月26日(日)
11:00-19:00
展示場所 ソニー・エクスプローラサイエンス
エンタテインメントゾーン

展示は終了しました。


"RayModeler(360°立体ディスプレイ)"は、3Dメガネをかけずに、奥行き感のある立体映像を全周囲から自然に認識することができます。
今回のご紹介では、静止画や動画の視聴だけでなく、下記のデモンストレーションも予定しています。
・全周囲立体ゲーム
・手の動きによって映像を操作するハンドジェスチャー機能

最先端のディスプレイを実際に体感できる貴重なチャンスです!皆様のご来場をお待ちしています。


ソニー・サイエンスプログラム 3Dワークショップ

2010-06-28 12:02

テレビや映画で話題の"3D"。人はどうして、モノが3D(立体)に見えるのでしょうか?

デジタルカメラで撮った2枚の写真を3Dで見るためのサポートツール"ミラーゴーグル"をつくる体験を通して、人の目が3Dを認識する仕組みを楽しく学べるワークショップを開催します。さらに"自分自身を3D映像で見る"体験も用意しています。

たくさんのご応募お待ちしております。
※つくったゴーグルでお家でも実験できます。

期間 2010年8月21日(土)、22日(日)
13:00~15:00
※事前の説明等がございますので、12:30に受付へお越しください。
対象 小学4~6年生
(保護者見学可能)
定員 各日32名
参加料 無料[別途入場料が必要です]
応募方法 下記のお申し込みボタンよりお申し込みください。
応募締切 2010年7月31日(土)
発表 厳選な抽選の上、当選者のみに8月上旬に参加証をご郵送いたします。

ワークショップは終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


クレイアニメーション・ワークショップ

2010-06-25 17:31

8月4日(水)、小学3~5年生を対象に、「地球温暖化」をテーマとするストーリーでクレイアニメーションを制作するワークショップ 『クレイアニメーション・ワークショップ』 を開催いたします。
このワークショップは東京造形大学・デザイン学科の山際康之教授が中心となり、東京造形大学の学生スタッフの皆さんが企画・実施するプログラムです。
09年7月、ソニー・サイエンスプログラムの一環として実施した内容にSESオリジナルの内容を加え、夏休みの自由研究としても最適なワークショップです。

期間 2010年8月4日(水)  13:00~17:00
対象 小学3~5年生
定員 30名
参加料 無料[別途入場料が必要です]
応募方法 下記のお申し込みボタンよりお申し込みください。
応募締切 2010年7月23日(金)
発表 厳選な抽選の上、当選者のみに2010年7月31日(土)までに参加証をご郵送いたします。

ワークショップは終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


2010年度 りんかい地区博物館・科学館 新聞コンクール

2010-06-01 18:34

SESが加盟する臨海地区博物館等連絡会では、夏休みを中心に来館する小・中学生と学校団体を対象に「2010年度 りんかい地区博物館・科学館 新聞コンクール」を開催します。
実際に来館して楽しかったことや感じたことを、A3用紙1枚に新聞形式で自由に記述し、ご応募いただきます。
ご応募いただいた新聞は選考を実施し優秀作品を決めると同時に、その中からグランプリ以下を再選考します。『夏休みの自由研究テーマ』としても最適な、新聞コンクールへのご応募をお待ちいたしております。

募集テーマ 「科学館・博物館で学んだ事、発見したこと」
募集期間 1.校外学習の部
2010年7月1日(木)~2011年1月26日(水)必着
2.一般来館者の部
2010年7月22日(木)~2010年9月12日(日)必着
応募資格 1.校外学習の部
校外学習で来館された小学生
2.一般来館者の部
夏休み期間に来館された小・中学生
応募方法 A3用紙1枚(タテ使い)で、テーマの内容を新聞形式で自由に表現してください。
新聞の裏面に必要事項を記入した応募用紙を添付し、お持ちいただくかご郵送下さい。校外学習の部は、学校を通じてご応募下さい。
選考方法 各参加施設にて優秀作品を選考します。(各施設オリジナルグッズを贈呈)
また各施設の優秀作品の中から、部門毎にグランプリ1点、準グランプリ2点、佳作4点を選考します。
受賞者には賞状と副賞(グランプリ:1万円相当の文具/準グランプリ:5千円相当の文具/佳作:2千円相当の文具)を授与します。

募集は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


企画展
「Sensor in the Life~発見!くらしのなかのセンサー技術~」

2010-05-14 17:56

私たちの日常は「センサー」にあふれています。
それは、あなたのリビングやオフィスに、あるいは通勤や通学のかばんのなかに、あるいは、家族の休日のポートレートを記録するカメラに、「センサー」はさまざまなところに潜んでいます。
しかし、それに気づいている人はほとんどいないことでしょう。おそらく「センサー」という言葉を目にしても、それがはたしてどのようなものなのか、想像できる人も少ないかもしれません。
今回の企画展では、日常の中にあって目立たない、しかし私たちの生活を支える重要な役割を果しているソニーの「センサー」技術に着目します。
「センサー」という科学技術の視点から私たちの生活を見つめなおすとき、私たちも気づかない、新たな発見が得られるかもしれません。

場所 STUDIO SES
期間 5/15(土)~8/31(火)

企画展は終了いたしました。
たくさんのご来場ありがとうございました。


常設新規展示
「スマイルファイト」「スマイルランキング」の紹介

2010-03-20 17:38

3月20日(土)より常設展示に「スマイルランキング」と「スマイルファイト」の2つの新規コンテンツを追加し、ご紹介を開始しました。
「スマイルシャッター」などでおなじみの顔認識技術を応用し、自分の笑顔度を点数化して勝敗を競うオリジナルコンテンツです。
ご体験者でメールアドレスを登録していただくと、同新展示のWEBコンテンツにも挑戦することができます。

展示物名 「スマイルランキング」・「スマイルファイト」
展示期間 2010年3月20日(土)~
展示場所 ソニー・エクスプローラサイエンス内 「エンタテインメントゾーン」・「ライト(イメージング)ゾーン」

実験ショー「サイエンスバトラー」の紹介

2010-03-12 18:13

宇宙戦争が激化する未来において10の惑星の代表が己の科学知識と技を使って科学実験対決を行い、その優劣を競うことで平和的に争いを解決するという設定のもと、毎回2名の出演者がライブで実験対決を行います。
実験ショーの設定やコスプレ要素を盛り込んだ衣装デザインなど、アテンダンツによるオリジナルコンセプト満載で、新感覚の科学実験ショーです。

開催期間 2010年3月27日(土)~
※毎土日祝日14:30-15:00 (30分間)
※1年間開催予定
開催場所 ソニー・エクスプローラサイエンス内 「サイエンスシアター」

旭山動物園を3D映像で体感しよう!
「3D ハイビジョン旭山動物園」を2月7日(日)より上映開始

2010-02-01 17:57

SESでは2月7日(日)より、3D映像「3D ハイビジョン旭山動物園」の上映を開始します。
これは、ソニービルにて昨年12月に開催されたイベント「旭川市×ソニービル ハイビジョン旭山動物園」内で期間限定上映され、大好評だったコンテンツです。
行動展示をする旭山動物園だからこそ見られる動物たちのさまざまな表情を、ソニーのハイビジョン・3D映像でお楽しみいただけます。上映期間は今後1年間の予定です。

場所 サイエンスシアター
期間 2010年2月7日(日)~2011年1月31日(月)(予定)
スケジュール <平日>1日5回上映
12:00-12:10
13:30-13:40
15:00-15:10
16:30-16:40
18:00-18:10

<土日祝日>1日4回上映
12:00-12:10
13:30-13:40
17:00-17:10
18:30-18:40

3D番組の上映スケジュール
『クワガタ・ウォーク』をはじめ旭山動物園や沖縄美ら海水族館の3D番組を上映中

2010-02-01 11:09

3Dシアターの平日・土日祝日の上映スケジュールは下記のとおりです。(30分パッケージ)
schedule.jpg

  平日 土日祝日
11:00 A A
11:30 B B
12:00 A A
12:30 B B
13:00 A A
13:30 B B
14:00 A 実験ショー「サイエンスバトラー」
15:00 A -
15:30 B クイズショー「サイエンス○×サバイバルクイズ」
16:00 A -
16:30 B B
17:00 A A
17:30 B B
18:00 A A
18:30 B B

ワークショップなどのイベント開催により3D番組上映等、終日休止となる場合がございます。
この上映スケジュールは2010年5月現在で、新番組導入により変更となります。


CGアニメ・ラボ~自然な動きを再現する科学

2010-01-15 18:01

目の前の美しい景色を表現する、あるいはありのままの生き物の姿を残そうと、人々はさまざまな創作活動や記録を行なってきました。それはときに芸術として、またあるときは技巧を凝らした技術として発展してきました。
今、自然界の環境や動物・人間の動きを科学的に認識する技術によって、これまで再現が難しかった微妙なしぐさや動きが再現されつつあります。また、自然現象や生物の生態など、観察した事象を科学的に分析、数値化し、コンピュータ上で演算する技術が注目されており、それは、単に研究上の有効性のみならず、私たちに身近なエンタテインメントの分野にも用いられるほど、広がりつつあります。
今回の企画展では、最新のCGアニメーション技術をテーマに、私たちが身の回りのできごとを科学的に分析し、計算することで、より現実に即した再現がどこまで可能になっているのかをさぐります。

場所 STUDIO SES
期間 1/16(土)~

企画展は終了いたしました。
たくさんのご来場ありがとうございました。


年に一度!全10キャラクターが登場するスペシャルイベント
3/19(日)『科学実験ショー サイエンスバトラー7周年フェスティバル』を開催

ニュース・イベント バックナンバー